コービーブライアント引退試合が放送されたようですね。

僕は年間リーグパスで観戦したのですが、いや、生で見たかったな(笑)

スポンサードリンク




秘蔵版と言っても良いくらいの豪華な構成。

マジックジョンソンは駆けつけるし、レブロンやカリーといったスター選手からの一言インタビューがグッときました。

試合が始まると、一様にコービーにボールを集めるレイカーズ。

ボールを持つだけで歓声が上がり、シュートを決めれば大盛り上がり。

これがスター選手の引退試合なんだなと。

マイケル・ジョーダンの一度目、二度目の引退のようなファイナル決勝という華やかな舞台ではありません。

レギュラーシーズンで下位に低迷、個人的にも衰えを隠せない中で迎えた引退。

ただ、一人のスター選手として、こういった形で引退するのもアリなのかなと思います。

プレイオフ出てしまうといつ引退なのか分かりませんし、引退する選手に花を持たせる余裕なんてありませんからね。

それにしても60得点とは恐れいります。

さすがの得点力と集中力。

ここ何シーズンかで最高の得点を最後の試合に叩き出すあたり、やはりコービーだなと感じました。

マイケル・ジョーダンと比較されることの多いコービー。

確かに似ている部分もありますけど、よく観察してみるとぜんぜん違う部分も。

例えば手の大きさ。

ジョーダンのようなボールを掴んだフェイクなどはできないんでしょうね、コービーの小さな手では。

身体能力という面でも、マイケル・ジョーダンには及ばなかったように思えますし、身長も実際は結構低いのかな?

プレースタイルに関しても負けず嫌いさ、相手を倒そうという感じが全面に出ているコービー。

チーム全体で勝つ、流れの中で得点する意識が強いように思えたジョーダン。

どちらが良いとか素晴らしいとか議論してもしょうがないと思いますけど、一つの時代がこれで終わってしまったと寂しく思う人は多いでしょう。

このレベルの選手の引退となると、しばらく無いでしょうね。

ダンカン、ピアース、ウェイドって所になるのでしょうか?

残念ながらコービーの最終シーズンは観戦できませんでしたが、肩の怪我で欠場でしたが、ウェイドは大好きでスパーズも大好きなので、引退前に一度みておきたい。

ロサンゼルスは結構行きなれている感出てきたから、お手本にしたい選手ランキング上位のピアースも、クリッパーズにいるのであれば観戦したいな。

どんなスターもいずれは引退する。

だからこそ見れる時に見ておかないと、後悔するかも知れませんね。

スポンサードリンク